全国有名病院・おすすめ病院NAVI
肺がん治療の有名・おすすめ病院【九州・沖縄】
[new0131]当ページ最下段で「体に負担のかからない新しい抗がん治療法」を紹介しています。
facebookでがん最新医療、名医のメディア出演予定等を提供中
(スポンサードリンク)


福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

  このページに掲載されている「肺がんの有名・おすすめ病院」や「肺がんの名医」「肺がん治療の最新情報」等
  に関するより詳しい情報をお知りになりたい方は、「肺がんに関する詳しい情報を探す」をご覧下さい。
キーワードの入力により、当サイトの
全ページの情報を検索出来ます
(入力例)肺がん 有名病院 大阪
(癌の食事療法に関する情報)
〜効果が高いと言われる食事療法をご紹介〜

福岡県
3病院
国立病院機構
九州医療センター
★診療科目
呼吸器外科
福岡県福岡市中央区地行浜1-8-1 092-852-0700 
NIKKEI NETの調査で治療成績トップになったことのある病院。III・IV期の患者も可能なら積極的に手術。術後も定期的に検査し、再発すれば即切除するなど、徹底したフォローで高い生存率に結びつけている。
北九州市立
医療センター
★診療科目
呼吸器外科
福岡県北九州市小倉北区馬借2-1-1 093-541-1831 
2002年の週刊朝日の「肺がん手術ランキング」の西日本ランキングで第6位にランクされた病院。「自分の家族に受けさせたい手術」をモットーに治療を行っている。

麻生飯塚病院
★診療科目

呼吸器外科
福岡県飯塚市芳雄町3-83 0948-22-3800 
情報公開に積極的な病院で、ホームページと患者向けの院内刊行物の両方で治療成績を公表している。九州最大規模を誇る総合力で、集学的な治療に力を入れている。


佐賀県
1病院
佐賀県立病院好生館
★診療科目
呼吸器外科
佐賀県佐賀市水ヶ江1-12-9 0952-24-2171 
地域がん診療拠点病院に指定されており、診断から治療まで一貫した最新の医療を提供出来るよう、内科、外科専門のスタッフが連携し、最新の医療機器を設置。

(参考)九州・沖縄エリアの肺がん手術数の多い病院
 九州・沖縄エリアで肺がんの手術数が最も多いのは福岡大学病院で、開胸・胸腔鏡を合わせて141件と、全国でも第24位(2008年度実績)の実績となっています。
 次いで国立病院機構九州がんセンターが第26位、熊本中央病院が29位と上位にランクされています。
 肺がんの手術には開胸手術と胸腔鏡下手術とがあります。胸腔鏡下手術は手術の傷が小さい「低侵襲性」が最大の特徴で、痛みが小さく入院期間が短いなどの利点があります。
 胸腔鏡下手術の安全性や病気の根治性は、開胸手術と変わらないと言われていますが、術者には高度な技術が求められるため、経験豊富な医師に手術をしてもらうことが大事です。手術数が年間100例以上で、その大部分を胸腔鏡下手術が占めている病院を目安にすると良いと言われています。
(参考)全国の肺がんの名医29名 
(参考)肺がん手術に強い病院ランキング
(スポンサードリンク)
(名医情報)全国の肺がんの名医リスト一覧(首都圏の他、北海道から九州までの名医を掲載) 
(名医情報)ディアで紹介された「がんの名医・予約殺到のスゴ腕ドクター」

長崎県
2病院
佐世保市立総合病院
★診療科目
外科
長崎県佐世保市平瀬町9-3 0956-24-1515 
2004年6月の読売新聞の記事で「肺がん手術の施設基準を満たした医療機関」として紹介されている病院。長崎県内では長崎大学に続く手術件数を誇る。

長崎市立市民病院
★診療科目
外科
長崎県長崎市新地町6-39 095-822-3251
minimal invasive surgery(最小侵襲手術。肉体的精神的ストレスを最小に抑えながら効果的に行う治療)を推進し、腹腔鏡手術や胸腔鏡手術をさらに拡大。


大分県
1病院
中津市民病院
★診療科目
呼吸器外科
大分県中津市下池永173 0979-22-2480 
JR日豊本線沿いの大分県別府市から福岡県北九州市の間で、放射線治療装置がある唯一の病院。診療連携の徹底を運営方針として掲げている地域中核病院。


鹿児島県
1病院
国立病院機構
南九州病院
★診療科目
呼吸器外科
鹿児島県姶良郡加治木町木田1882 0995-62-2121 
多くの肺がん患者を入院で受け入れてきた実績があり、肺癌に対する拡大手術(胸壁合併切除、大血管合併切除など)を積極的に施行している。

(参考リンク)肺がん5年生存率の高い病院リスト
(参考リンク)
私が肺がんならこの医者に行く!「肺がん治療の最高の名医」
(参考リンク)肺がん治療のスーパードクター 
(参考リンク)肺がんが再発・転移した方への情報提供(肺がんの実力病院・有名病院の生存率データ等)
 
●免疫力をアップさせる物質を東京大学の研究グループが発見!!
 がんをはじめ多くの病気は、免疫力が低下することによって起こります。
 抗がん剤や放射線による治療では、正常な細胞にもダメージを与えるため、こうした治療を受けたがん患者は、より一層免疫力が落ちることになります。
 低下した免疫力を高めることは、がんと闘う人にとってとても大きな意味を持ちますが、こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質を発見しました。
 ブロッコリーから抽出したこの成分は、ブロリコと名づけられましたが、ブロリコの免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。いま大注目のブロリコはですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。
 ⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから  

(スポンサードリンク)


・なるべく正確な情報収集に努めていますが、中には誤った情報を含んでいる可能性があります。あくまで病院選択の参考としてご活用
 いただき、最終的な病院の選択は各自のご判断のもと行なうようにして下さい。
・万一当サイトに掲載されている病院との間にトラブルが生じた場合、当方は一切責任を負いません。

「全国有名病院・おすすめ病院NAVI」トップへ80