全国有名病院・おすすめ病院NAVI

がん研有明病院が「漢方サポート科」を設立!
〜今改めて注目される代替医療「抗がん漢方薬」のメリット〜
 (スポンサードリンク) 
   



●代替医療と言う言葉をご存知ですか?
 代替医療とは「通常医療(保険外診療)以外の医療」を言います。
 がんで言うと三大標準治療(手術、放射線、抗がん剤)以外の、その他すべての治療法のことになります。
 免疫療法や遺伝子医療といった最先端医療を始め、健康食品やサプリメントのような身近なもの、そして今回ご紹介する「抗がん漢方」などの東洋医学も代替医療に含まれます。
 日本ではまだまだ認知度が低い代替医療ですが、海外ではおよそ半数以上の方が何かしらの代替医療をしているという調査結果が出ています。
 我が国においても代替医療に真剣に取り組んでいる医師は多くいます。しかし、代替医療に不信感を持っている医師はそれ以上に沢山います。
 残念なことに、「症例数が少ない」「国が認めていない」「エビデンスがない」と言った理由から、多くの医師からは代替医療がいかがわしく思われてしまっているのです。

●欧米では積極的に取り入れられている代替医療
 欧米では、がん専門病院の多くに、補完代替医療の診療部門があります。
 その目的は、がんやその治療に伴う苦痛を緩和し、また通常の治療が無効となった患者に、様々な治療法を提案し、患者を絶望させず、「がん難民」を作らないことにあります。
 アメリカでは、1992年に代替医療事務局(OAM)を設け、それ以来急速に代替医療の研究が進み、ハーバード大学、コロンビア大学、スタンフォード大学などの名だたる大学に代替医療の研究センターが設立されています


●代替医療は決して高額ではありません
 
保険診療で使っている「オプジーボ」などの抗がん剤は、実は1,000万円単位でお金がかかる薬です。
 国民健康保険を使って自己負担額3割の300万円になり、そこに高額療養費制度が適用されて月の負担額は10万円以下になりますが、それでも治療が長引けば年間で約100万円ものお金が掛かってしまいます。
 自由診療の扱いになる代替医療は高額に思われがちですが、実際に病院が受け取っている額は標準治療を行っている病院に比べて決して高い訳ではありません。

●がん研有明病院が「漢方サポート科」を設立
 代替医療の一つである抗がん漢方薬について、最近注目すべき動きがありました。我が国最大のがん専門病院であるがん研有明病院に「漢方サポート外来」が開設されたのです。
 従来、がんに対する漢方治療の有用性については明らかでありませんでしたが、実際にがん患者に漢方治療を行ってみると、漢方薬ががん患者に対しては驚くべき効果があることが分かり、がんに特化した漢方専門外来が開設されることになったのです。
 同院の外来では、がんの治療の副作用や後遺症で苦しむ患者や、現在の標準治療がすべて無効となって余命を告知された患者に対して、漢方を始めとした代替医療を提案しています
(参考)がん研有明病院「漢方サポート科」 

●抗がん漢方の資料を無料で提供しているサイトがあります
 改めて注目を集めている抗がん漢方薬ですが、患者向けの資料を入手するのはなかなか難しい状況です。
 30年以上の長きに渡り根強い支持を得ている「天仙液」のサイトから無料で資料請求が出来ますので、ご興味のある方は参照下さい。⇒ 抗がん漢方薬の解説サイトへのリンク

<送付される資料一式>
※全て無料の情報提供です



下記で「がん治療」に関する情報の検索が出来ます。
癌治療と同時に入力されるキーワード
ワクチン療法、最前線、ナノバブル、認定医、ワクチン、病院、費用、バイオシート、放射線、免疫療法

(例)がん治療 ワクチン療法  ※キーワードとキーワードの間にはスペースを入れてください。
 
Web 全国有名病院・おすすめ病院NAVI内
当サイトの人気ページへのリンク
癌治療の名医…名医と言われているドクターを病名ごとに紹介

(スポンサードリンク)
   


・なるべく正確な情報収集に努めていますが、中には誤った情報を含んでいる可能性があります。あくまで病院選択の参考としてご活用
 いただき、最終的な病院・ドクターの選択は各自のご判断のもと行なうようにして下さい。
・万一当サイトに掲載されている病院との間にトラブルが生じた場合、当方は一切責任を負いません。

「全国有名病院・おすすめ病院NAVI」トップへ