全国有名病院・おすすめ病院NAVI
病名・地域から病院・名医を探す「がん」
 (スポンサードリンク) 
 
 あきらめない乳がん治療/抗がん漢方薬
 西洋医学(手術・抗がん剤・放射線治療等)との併用による相乗効果!
 
⇒ 抗ガン漢方薬の書籍・サンプル・資料の紹介  


【癌の有名病院300病院、癌の名医180人を一挙公開】
 現在、日本人の死亡原因の6割を生活習慣病が占めており、中でも特に「がん」にかかる人が増加しています。
 1981年以来、がんは死亡原因のトップとなっており、日本人の約3人に1人が、がんで亡くなっている計算になります。
 病院に関しても様々な情報があり、がんの有名病院・おすすめ病院については、下記のような区分けで情報提供をしていますので、参照していただけたらと思います。
 ただし最終的な病院の選択は、各自のご判断と責任のもと行なうようにして下さい。万一当サイトに掲載されている病院との間にトラブルが生じた場合、当方は一切責任を負いません。
 

★全国のがん治療で有名な病院リスト
肺がん
●北海道・東北
●関西            
●関東
●中国・四国 
●中部・北陸・東海
●九州・沖縄
●参考(名医navi-Japan 全国の肺がん治療の名医)
胃がん ●北海道・東北
●関西   
●関東
●中国・四国 
●中部・北陸・東海
●九州・沖縄
●参考(名医navi-Japan 全国の胃がん治療の名医)
直腸がん ●北海道・東北
●関西 
●関東
●中国・四国 
●中部・北陸・東海
●九州・沖縄
●参考(名医navi-Japan 全国の大腸がん治療の名医)
食道がん ●北海道・東北
●関西 
●関東
●中国・四国 
●中部・北陸・東海
●九州・沖縄
●参考(名医navi-Japan 全国の食道がん治療の名医)
乳がん ●北海道・東北
●関西 
●関東
●中国・四国 
●中部・北陸・東海
●九州・沖縄
●参考(名医navi-Japan 全国の乳がん治療の名医)
子宮がん ●北海道・東北
●関西 
●関東
●中国・四国 
●中部・北陸・東海
●九州・沖縄
●参考(名医navi-Japan 全国の子宮がん治療の名医)

(参考情報)がんの完治を目指して最新治療に挑む名医たち
(参考情報)ステージ4・ステージ3からのがん治療 
(名医情報)がん放射線治療の名医(がんの名医リスト一覧)
(名医情報)
メディアで紹介された「がんの名医・予約殺到のスゴ腕ドクター」


  ★がん治療の名医と言われているドクター
●肺がんの名医   ●胃がんの名医 ●大腸がんの名医  (スポンサードリンク)
●前立腺がん名医 ●乳がんの名医 ●子宮がんの名医
●肝臓がんの名医 ●抗がん剤治療名医 ●膀胱がんの名医
●膵臓がんの名医 ●腎臓がんの名医 ●皮膚がんの名医
●舌がんの名医 ●胆道がんの名医 ●卵巣がんの名医


がんに関する情報の検索キーワード
 病名別に入力される回数が多いキーワードを掲載しますので、検索の際の参考にして下さい。
 最下段に検索ボックスを設けていますので、ご利用下さい。
キーワード キーワード
肺がん 治療 症状 闘病記 病院 初期症状 転移 
末期 年齢 検査 イレッサ 抗がん剤 検査 
検診 名医 手術 生存率 タバコ
乳がん 治療 症状 検診 病院 検査 マンモグラフィ
痛み 石灰化 転移 抗がん剤 炎症性 再発
名医 しこり 学会 手術 生存率
胃がん 治療 症状 スキルス 手術 食事 闘病記
術後 末期 転移 初期症状 検診 腹水 
抗がん剤 名医 再発 食事 早期 
子宮がん 治療 症状 検診 頸がん 体がん 頚がん
けいがん 検診結果 不正出血 検診方法 
ポリープ 内診 内膜 名医 妊娠 原因
大腸がん 症状 手術 転移 初期症状 検査 検診 病院
名医 研究会 末期 闘病記 国立がんセンター
治療 食事 抗がん剤 予防
肝臓がん 治療 症状 末期 名医 転移性 手術 治療法 
余命 乳がん 転移 生存率 食事療法 腹水 
闘病記 再発 抗がん剤 骨
食道がん 治療 症状 手術 名医 生存率 初期症状 
化学療法 転移 闘病記 術後 再発 食事 
看護 ステージ リンパ節 末期
前立腺がん 治療 症状 名医 骨 転移 手術 病院 psa 
検査 治療法 放射線治療 ホルモン治療 
免疫療法 闘病記 治療薬 予防

病名・キーワードを入力して検索ボタンを押すと、検索が出来ます。
(例)胃がん 症状  ※キーワードとキーワードの間にはスペースを入れてください。
 

(スポンサードリンク)
●各種がんへの抗腫瘍効果が報告されている抗がん漢方のご案内!
 最近世界中のがん患者から感謝の声が寄せられている抗がん漢方薬が注目を集めています。
 世界で認められた抗ガン漢方薬 として知られる「天仙液」という漢方薬ですが、「末期がんから生還した」「延命した」「西洋医学での治療の副作用が軽減された」といった声が多数寄せられているようです。
 その裏付けとして、日本の試験機関「新薬開発研究所」の臨床試験において、最大94.1%という高い抗がん効果が立証されており、日経新聞や朝日新聞などのマスコミやインターネット等で取り上げられています。

●低下した免疫力をアップさせる物質を東京大学の研究グループが発見!
 がんをはじめ多くの病気は、免疫力が低下することによって起こります。
 抗がん剤や放射線による治療では、正常な細胞にもダメージを与えるため、こうした治療を受けたがん患者は、より一層免疫力が落ちることになります。
 低下した免疫力を高めることは、がんと闘う人にとってとても大きな意味を持ちますが、こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質を発見しました。
 ブロッコリーから抽出したこの成分は、ブロリコと名づけられましたが、ブロリコの免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。
 いま大注目のブロリコはですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。
 ⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから  

★国立がん研究センター中央病院の名医に「薬でがんを本当に治せる時代が来た!」と言わしめた新しいがん免疫療法のご案内
 日本人の2人に1人が罹患すると言われる「がん」。このがん治療が、画期的な治療薬「免疫チェックポイント阻害剤」の登場で、大きな転換点を迎えています。
 この療法は、いわゆる免疫療法の一種ですが、従来のものとは逆の発想から生まれました。これまでの免疫療法は免疫細胞の攻撃力を高める、いわばアクセルをかける働きが中心でしたが、この阻害剤では免疫細胞にかけられた「ブレーキを外す」。他に治療法のなかった患者にも治療効果をあげることに成功しています。
 根本からがん治療を変えると、今、世界中から期待されており、NHKクローズアップ現代でも取り上げられ、大変大きな反響がありました。番組内では進行した大腸がん患者が「免疫チェックポイント阻害剤」を使いはじめて1年後に、がんが60%も小さくなった実例が紹介されました。「免疫チェックポイント阻害剤による治療」については、下記のサイトで詳しく紹介されていますので、ご興味のある方は参照下さい。
 ⇒ がんに対する新しい免疫療法「アクセル&ブレーキ療法」 
  
がん最新医療情報を
Facebookに掲載中!!

  

・なるべく正確な情報収集に努めていますが、中には誤った情報を含んでいる可能性があります。あくまで病院選択の参考としてご活用
 いただき、最終的な病院・ドクターの選択は各自のご判断のもと行なうようにしてください。
・万一当サイトに掲載されている病院との間にトラブルが生じた場合、当方は一切責任を負いません。


「全国有名病院・おすすめ病院NAVI」トップへ